PR

秀丸エディタでより便利なプログラミング

2007年9月18日(火)
Iranoan

秀丸をもっと便利にする機能とは?

   「第1回:秀丸エディタの魅力に迫る」では、秀丸エディタの基本的な機能と表示設定などについて紹介しました。

   引き続き今回は、秀丸エディタでプログラミングを行う際に「より便利」にするためのアウトライン表示やキーワードの強調表示、マクロ機能などについて紹介します。

アウトライン

   アウトライン表示を行うためには以下のように設定を行います。

  1. 「〜の設定」で「C言語ソースファイル」を選択
  2. 「設定の対象」で「アウトライン → 解析」と辿る
  3. 「アウトライン解析の方法」で「ツリー表示 - 分類」を選択
  4. 「リセット → C言語用」を選択(図1)
  5. 「OK」をクリック
表1:アウトライン表示の設定

アウトラインのための設定
図1:アウトラインのための設定
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   このように設定を行うと、以下の図2のようにソースファイルに対して、関数などをアウトライン表示できます。

C/C++言語のアウトライン表示例
図2:C/C++言語のアウトライン表示例
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   関数などをツリー表示できるほか、編集対象となる領域を限定する「部分編集」が可能になります。これにより、カーソル移動や検索/置換を含めた編集作業が限定されるので、関数や構造体/クラス宣言部分に集中して編集することができます。

   また検索や置換が限定されるわけではありませんが、「{}」によるブロックなどを部分的に「折りたたみ」をして、隠せます。例えば図2では、関数を「折りたたみ」しています。

現在、某大学にて非常勤講師を務めています。コンピュータを本格的に使いはじめたのはWindows 95以降。状況によりLinuxも使用していますが、道具として使っているだけで、コンピュータを専門としているわけではありません。もともと「私的に纏 めている原稿を公開しても良いか?」と伺ったことを契機に「秀丸エディタ公式マニュアル」を執筆させていただいております。

秀丸エディタ公式マニュアル
http://hide.maruo.co.jp/swreg/manual.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています