PR

秀丸エディタの魅力に迫る

2007年9月11日(火)
Iranoan

秀丸エディタの概要

   「秀丸エディタ」とは、いわゆるテキストエディタ(以下、エディタ)と呼ばれるソフトウェアです。文字入力、ひいてはプログラミングなしに現在のコ ンピュータは成り立たちません。そのため、文字入力を行うエディタはコンピュータには欠かせない存在といえるでしょう。


秀丸エディタのメイン画面
図1:秀丸エディタのメイン画面
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   例えばUNIXやLinuxなら「vi」や「Emacs」、Mac OSなら「SimpleText」や「TextEdit」、Windowsなら「メモ帳」といったように、エディタはどのOSにも標準で付いています。

秀丸エディタの特徴

   その中でも「秀丸エディタ」は、おそらく日本のWindows環境でもっともよく使われているエディタの1つではないでしょうか。秀丸エディタは4,200円のシェアウェアですが、多くのユーザが登録し、様々な分野・環境で活用されています。

   しかし「Windowsなら最初からメモ帳が用意されているのに、なぜ他のエディタを使うのか」という疑問が浮かぶかもしれません。

   その理由は次の通りです。

  • あつかえるファイルサイズが大きい
  • スクロールをはじめとした高速な動作
  • アンドゥ/リドゥがメモリの許す限り無制限
  • 豊富なカスタマイズ機能
  • 豊富な検索機能
  • ファイル上の記述から別のファイルを開く機能
  • 電子メールアドレスやURL、特定文字列のカラー表示機能
表1:メモ帳以外の他のエディタを選ぶ理由

   これらの機能の多くは、秀丸エディタ以外のエディタにも搭載されています。その中から秀丸エディタを取り上げた理由は、歴史がある(注1)分だけ、機能と高速動作のバランス良いからです。


※注1: 歴史がある
秀丸エディタはWindows 3.1の時代から存在しています。1995年12月23日に32ビット版となり、Windows 95に対応しました。


   しかし文字入力をするといっても、エディタである以上、多くの画像を併せて利用したいという人、文字だけであってもセンタリングなどの文章整形・ル ビ振りなどの文字装飾を行う人には秀丸エディタは向きません。この種の作業は装飾機能を重視したエディタやワードプロセッサを使う方がよいでしょう。

現在、某大学にて非常勤講師を務めています。コンピュータを本格的に使いはじめたのはWindows 95以降。状況によりLinuxも使用していますが、道具として使っているだけで、コンピュータを専門としているわけではありません。もともと「私的に纏 めている原稿を公開しても良いか?」と伺ったことを契機に「秀丸エディタ公式マニュアル」を執筆させていただいております。

秀丸エディタ公式マニュアル
http://hide.maruo.co.jp/swreg/manual.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています