TOPITニュース> SRA OSS、PostgreSQL 8.1に対応したPowerGres on Linux V4を発表




ITニュース

SRA OSS、PostgreSQL 8.1に対応したPowerGres on Linux V4を発表

OSSPostgreSQLPowerGres

2007/7/19 19:40

Linuxプラットフォーム向けのPowerGresファミリ製品

SRA OSSは7月19日、PowerGresファミリのLinuxプラットフォーム向け製品の「PowerGres on Linux V4」を発売開始すると発表した。出荷開始は7月23日を予定している。

同製品は、高機能なオープンソースデータベースとして定評のある「PostgreSQL」の安定したバージョンを、Linuxプラットフォーム向けに製品化したものだ。PostgreSQLの基本機能に加え、簡単にインストールできるインストーラや高い操作性を備える管理ツールを同梱するとともに、サポートも提供している。

今回発表されたバージョンではPostgreSQL 8.1をベースにしており、様々な機能追加の他、マルチプロセッサシステム/64bitアーキテクチャ/大容量メモリなどの環境におけるスケーラビリティが向上しているとのことだ。

主な動作環境は以下の通り。

CPU Intel x86、AMD64およびIntel 64(EM64T)
OS Red Hat Enterprise Linux 5/Advanced Platform
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 3
メモリ 128MB以上(256MB以上を推奨)
HDD 100MB以上の空き容量

価格は、PowerGres on Linux V4が5万400円、初年度年間サポート込みの場合は13万4,000円となっている。

なお7月19日から、出荷に先立って同社のWebサイトより60日間の無償で試用できる評価版のダウンロードサービスを開始するとのことだ。

問い合わせ先

SRA OSS, Inc. 日本支社

URL:http://www.sraoss.co.jp/

関連記事・ニュース

(ThinkIT編集局  神保 暢雄)

ITニュース一覧

ITニュース一覧はこちら

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。