PR

Check Point、Qualcommチップセットに深刻な脆弱性「QuadRooter」の存在を発表、多数のAndroid端末に危険性

2016年8月9日(火)

Check Point Software Technologiesは8月7日(現地時間)、Android端末に搭載されているQualcommチップセットに4件の深刻な脆弱性があることを発表した。今回発見された脆弱性は「QuadRooter」と名付けられており、影響を受けるAndroid端末は9億台を上回るという。

今回の脆弱性は、Qualcommチップセット用ドライバに存在する。脆弱性は「CVE-2016-2059」「CVE-2016-2503」「CVE-2016-2504」「CVE-2016-5340」に指摘されており、いずれも危険な脆弱性とされる。いずれもroot特権の不正取得やデータへの不正アクセスなどにつながる可能性がある。Qualcommは、これらの脆弱性の修正プログラムをコミュニティやOEM向けに公開した。

Check Pointは、これらの脆弱性スキャナ「QuadRooter Scanner」をGoogle Playに公開した。このアプリを実行することで、脆弱性の有無を調べることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック