PR

Red Hat、エンタープライズグレードのLinuxコンテナソリューションセットの提供を開始

2016年8月11日(木)

Red Hatは8月4日(現地時間)、エンタープライズグレードのLinuxコンテナソリューションのセットの提供開始を発表した。

Red Hatのコンテナポートフォリオは、無償の開発ツールから、管理、PaaS 、CaaSを統合する包括的なコンテナプラットフォームに至るまで、ほぼすべてのアプリケーションの配布ニーズに及ぶ。既存のIT投資やイノベーションのモダナイゼーションに対応し、Open Container Initiative (OCI)のコンテナフォーマットやKubernetesによるオーケストレーションといった重要なオープン標準規格をサポートしており、ユーザはより安全性、移植性、一貫性の高いコンテナベースのソリューションを用いて、これまで以上にコンテナ化の恩恵を活かせるようになった。

Red HatのLinuxコンテナソリューションのポートフォリオは、次のような製品を提供して新たなビジネスニーズに対応することを目指す。

・Red Hat Enterprise LinuxやRed Hat Enterprise Linux Atomic Hostを用いた信頼性の高いLinuxコンテナオペレーティングシステム
・Red Hat OpenShiftにおける、包括的なエンタープライズコンテナの開発、展開プラットフォーム
・Red Hat Gluster Storageを用いたエンタープライズグレードのコンテナネイティブストレージ
・Red Hat CloudFormsによるコンテナの一元管理

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック