PR

インテル、「第7世代」の「インテル Coreプロセッサー・ファミリー(Kabylake)」を発表

2016年9月1日(木)

インテルは8月30日(現地時間)、「第7世代」の「インテル Coreプロセッサー・ファミリー」を発表した。

今回発表された新製品は、第7世代、開発コードネーム”Kabylake”のCore i3/i5/i7の後継に位置づけられる製品。TDP 4.5W~15Wの低消費電力モバイルプラットフォーム向けを皮切りに、9月上旬から搭載PCが発売される予定。

“Kabylake”は、第6世代”Skylake”と同じマイクロアーキテクチャをベースに、Intelの改良版14nmプロセス”14nm+”を採用した製品。省電力性能とパフォーマンスの向上を図っており、同じ消費電力の場合で最大12%の性能向上を実現しているほか、ビデオエンジンにも改良が施される。今回の新製品では、Mobile向けの”KabyLake-U”シリーズ(TDP15W)と、Core m seriesの後継となる”KabyLake-Y”シリーズ(TDP4.5W)の2つのシリーズに大別される。発表されたラインナップは「Core i3(YシリーズはCore m3となる)」、「Core i5」、「Core i7」となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
プレスキット

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

インテル、「第7世代」の「インテル Coreプロセッサー・ファミリー(Kabylake)」を発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。