PR

JR東日本、スマートフォン端末を用いた交通系電子マネー決済端末の仕様策定に着手

2016年10月8日(土)

東日本旅客鉄道(JR東日本)は10月5日、スマートフォン端末を用いた交通系電子マネー決済端末の仕様策定に向けた試行を開始すると発表した。

今回発表された試行は、スマートフォン端末をJR東日本が発行する電子マネー「Suica」の決済端末として利用するために、その仕様策定に向けた検証を目的として、店舗で行う試行。スマートフォン端末搭載のNFCリーダ/ライタモードを使用して、Suicaをスマートフォンにかざすことで、Suicaから代金の引き去りを行う。本試行における決済処理では、携帯電話回線を通じてセンター側で決済処理を行う(スマートフォン側では行わない)シンクライアント方式を採用し、高いセキュリティを確保しているという。スマートフォン端末を店舗でのSuica決済に使用することで、スマートフォン決済端末の仕様策定に向けて、多角的な視点から検証していく。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック