PR

NEC、スマートフォンをクラウド上に仮想化できるサービスを販売開始

2012年11月9日(金)

NECは11月7日、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスをクラウド上で仮想化し、外出先で個人所有のスマートフォンなどから業務に利用可能なサービス「NEC Cloud Smartphone」を販売開始した。

NEC Cloud Smartphoneは、クラウド上で仮想化したスマートフォン環境(以降、仮想スマートフォン)を構築し、利用者が個人所有のスマートフォンなどから、仮想スマートフォンに接続して利用する。仮想スマートフォン上のアプリケーションやデータを利用するため、利用者の端末上には情報を残さずに利用できる。本サービスにより、利用者は端末紛失による情報漏洩などのセキュリティリスクがなく、スマートフォンを安心・安全に業務に利用可能となる。

NEC Cloud Smartphoneの主な特長は以下の通り。

個人所有のスマートフォンなどを安心・安全に業務で利用可能

利用者のスマートフォンなどクライアント端末には、画面情報のみで、データそのものは伝送されないため、情報が残らない仕組みを採用。このため、スマートデバイスの紛失・盗難時にも情報漏洩の心配が無く、社員が個人所有する端末を業務に有効活用するBYODに対応可能。プライベート時は個人端末として、業務時はクラウドに接続し業務用の仮想端末として利用することで、1台のスマートフォンで用途に応じたセキュリティポリシーの完全分離が可能。これらにより、いつでもどこでも安心・安全にスマートフォンなどによる業務を実現。

外出先から内線電話を利用可能

社内IP-PBX等と連携することにより、仮想スマートフォンから内線通話を実現。外出先から内線通話を利用できるため、通話料の削減が可能。電話帳や通話履歴などの閲覧や内線通話の発着信は、仮想スマートフォン上の通話アプリケーションで行うため、端末紛失時の情報漏洩リスクを低減。

センサを活用したアプリケーションを仮想スマートフォン上で利用可能

仮想スマートフォンでは、クライアント端末(スマートデバイス)に搭載した各種センサ(GPS/加速度センサ等)を利用したアプリケーションを、仮想スマートフォン上で動作させることが可能。これにより、端末にアプリケーションをインストールすることなく、位置情報を活用した最新の業種アプリケーションなどを利用可能。


NEC
http://jpn.nec.com/

ニュースリリース
http://jpn.nec.com/press/201211/20121107_02.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック