PR

Red Hat、「Ansible Galaxy」をオープンソース化して公開

2016年10月13日(木)

Red Hatは10月11日(現地時間)、構成管理ツール「Ansible」のRoleを管理するツール「Ansible Galaxy」をオープンソース化したと発表した。

「Ansible Galaxy」は、AnsibleのRoleを共有するためのツール。既存のAnsible Roleの共有、再利用、リファクタリングなどが簡単に行えるように構造化されている。「Role」とは、一連の手続きを簡単に実行できるパッケージで、これを利用することによって、さまざまなアプリケーションを、設定などの作業を行うことなく利用できるようになる。

「Ansible Galaxy」がオープンソース化されたことで、ユーザはプライベートなGalaxyサーバが利用できるようになった。ユーザは、このリポジトリにネイティブなAnsible Galaxyクライアントでアクセスしたり、新しい拡張を「Ansible Galaxy」のコードベースに登録することができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック