PR

日本ヒューレット・パッカード、次世代データ分析プラットフォーム「HPE Vertica 8」を発表

2016年10月13日(木)

日本ヒューレット・パッカードは10月5日、次世代データ分析プラットフォーム「HPE Vertica 8」を発表した。

「HPE Vertica 8」では、統合アーキテクチャおよびインデータベース分析機能の向上により、データの保管場所にかかわらず、大規模なデータに対して高度な解析を行うことが可能だという。

「HPE Vertica 8」は、その場で分析を可能にする独自の統合アーキテクチャによって、情報の格納場所に関係なく、継続的にインテリジェンスを抽出することが可能になる。ユーザ企業は「HPE Vertica 8」の柔軟性の高いデプロイメントオプションを活用して、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドの環境を問わず、分析を実施する場所や手法を選んで最適のソリューションを採用できる。

「HPE Vertica 8」の主な特徴は以下の通り。
○インデータベース機械学習
○Hadoop上で現場分析
○マルチクラウド機能およびサポートの強化
○Apache Sparkアダプタの最適化

また、日本ヒューレット・パッカードは同時に、「HPE Haven OnDemand」プラットフォーム上で新しいクラウド型サービス「HPE Haven OnDemand (HoD) Combinations」の提供を開始する。同サービスにより、アプリ開発者は機械学習機能を取り入れた次世代アプリケーションを作れるようになる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
「HPE Vertica 8」

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック