PR

Microsoft、ビッグデータ解析プラットフォーム「Microsoft R Server 9.0(MRS 9.0)」リリース

2016年12月13日(火)

Microsoftは12月7日(現地時間)、ビッグデータ解析プラットフォーム「Microsoft R Server 9.0(MRS 9.0)」をリリースした。

「MRS 9.0」は、R言語で実装されたエンジンを搭載しており、「MicrosoftML」や「RevoScaleR」パッケージ、「CRAN R」パッケージなどと組み合わせることで、高度な予測を行うことができる。「MicrosoftML」は、機械学習アルゴリズムを収録したもので、2017年にはLinux版やHadoopへの対応が予定されている。

「MRS 9.0」では、新しく「Spark 2.0」をサポートしたほか、Linuxディストリビューション「Ubuntu」をサポートしている。これまでも「SUSE」「Red Hat Enterprise Linux」をサポートしていたが、今回のリリースでLinuxへの対応が強化された。

「MRS 9.0」は、DreamSparkのほか、エンタープライズ向けSparkおよびAzure HDInsighから入手できる。t

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Microsoft R Server

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック