PR

DDR2 SO-DIMMスロットに挿して利用できる「Raspberry Pi Compute Module 3」リリース

2017年1月19日(木)

Raspberry PI財団は1月16日(現地時間)、「Raspberry Pi Compute Module 3」をリリースした。

「Raspberry Pi Compute Module」は、Raspberry Piを組み込み用途などの実用向けに最適化したもの。ノートPC用メモリなどに利用されるDDR2 SO-DIMMと機械的互換性を持つ形のボード状筐体を持っており、DDR2 SO-DIMMスロットを持つ機器に組み込んで使用することができる。

「Raspberry Pi Compute Module」では、Raspberry Pi 3と同様のSoCにBroadcom BCM2837、メモリに1GBのLPDDR2を搭載している。さらに4GBのオンボードeMMCを備え、OSやプログラムをeMMCに保存することができる。一方でeMMCを省略した低価格版の「Raspberry Pi Compute Module 3 Lite」もリリースされる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る