PR

「GnuTLS 3.5.11」リリース、脆弱性の修正

2017年4月17日(月)

GnuTLSは4月7日、「GnuTLS 3.5.11」をリリースした。このリリースでは、重要な脆弱性の修正が施されている。

GnuTLSは、SSL/TLSとDTLSプロトコルのフリーなライブラリ実装。アプリケーションが安全な通信プロトコルを利用できるようAPIを提供することを目標としている。

「GnuTLS 3.5.11」は脆弱性の修正が施されたメンテナンスリリースであり、複数の重要な脆弱性が解消されている。GnuTLSは広く利用されたライブラリであり、ユーザはベンダーから提供されるアップグレードなどを適用することが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GnuTLS
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内