PR

「Scientific Linux 6.9」リリース

2017年4月22日(土)

Fermi National Accelerator Laboratoryは4月17日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Scientific Linux 6.9」をリリースを発表した。

Scientific Linuxは、Red Hat Enterprise LinuxのソースコードをリビルドしたものをベースにしたLinuxディストリビューション(Red Hatの商標に関する部分は取り除かれている)。今年3月に公開された「Red Hat Enterprise Linux 6.9」をベースとしており、変更点は同ディストリビューションに準じている。元となるRed Hat Enterprise Linux 6.4のリリース開始後3年間はサポートが継続される予定。なお、Scientific Linux 6.9は、RHELの最新系列「6.x」の最新版に相当する(現時点の最新系列は「7.x」)。

Scientific Linuxは、高エネルギー物理学などの分野で利用されるパッケージが追加されており、高エネルギー物理学実験や原子核実験のプロジェクトでも採用されている。

対応プラットフォームは、i386とx86_64。Scientific Linux 6.9のISOイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック