PR

WordPressのプラグイン「Responsive Lightbox」に反射型XSS脆弱性が存在

2017年7月5日(水)

 情報処理推進機構(IPA)は7月4日、Webサイト構築ソフトウェアWordPressのプラグイン「Responsive Lightbox」にXSS(クロスサイトスクリプティング)脆弱性が存在すると公表した。

 この脆弱性が存在するのは「Responsive Lightbox 1.7.1」およびそれ以前のバージョン。この脆弱性は、「1.7.2」で修正されており、WordPressの利用者は早急なアップグレードが強く推奨される。

 今回のXSSは「反射型XSS」。リクエストに仕込まれたスクリプトが、Webアプリケーションで実行される恐れがある。スクリプトはサーバに残らず、標的ユーザを狙い撃ちにすることができるという特徴がある。悪意のあるスクリプトでも実行されてしまうため、危険性が高い。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Responsive Lightbox

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック