PR

Linuxディストリビューション「Mageia 6」リリース

2017年7月19日(水)

Mageia communityは7月16日(現地時間)、Linuxディストリビューション「Mageia 6」をリリースした。

「Mageia」は、Mandrivaの流れを汲んだディストリビューション。日本語を含む多数の言語をサポートしている。

「Mageia 6」は、デスクトップ環境でKDE Plasma 5.8を採用。従来の「KDE SC 4」から変更となった。また、そのほかにもパッケージマネージャがurpmiからDNF 2に変更になり、これに伴いフロントエンドに「dnfdragora」が採用された。また、ブートローダーが「GRUB 2」になるなど、数多くの変更が施されている。

配布ディストリビューションは32bitと64bitに対応しており、ISOイメージはWebサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事
リリースノート(Wiki)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック