PR

日立製作所、Hadoopデータ処理基盤で行うビッグデータ分析を最大100倍に高速化する技術を開発

2017年11月14日(火)

日立製作所は11月14日、オープンソースソフトウェア(OSS)のHadoopデータ処理基盤で行うビッグデータ分析を、最大100倍に高速化する技術を開発したと発表した。

本技術は、本来はソフトウェア処理に合わせて作られているデータ処理手順を、ハードウェア上の並列処理に適した手順に変換した上で、さまざまな形式のデータをFPGAで高速に処理することを可能にする。これにより、高速分析を行う場合でも多数のサーバが不要となり、データサイエンティストが行うインタラクティブ分析や、ビジネス現場での迅速な意思決定、タイムリーな情報提供サービスなどを、低コストで実現する。

開発した技術の特徴は、
1. FPGA向けに処理効率を最適化する、データ処理手順変換技術
2. さまざまなデータの形式を解析してFPGAで高速に処理する回路設計
となっている。本技術をHadoopデータ処理基盤に適用し、サンプルデータの分析を行った結果、データ処理性能を最大100倍に高速化できることを確認したという。これにより、高速分析に必要なサーバー数を大幅に削減することができるため、現在広く行われているHadoopベースのビッグデータ分析の低コスト化が可能になる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック