PR

マイクロソフト、LinuxやMac OS Xをサポートした「PowerShell Core 6.0」を発表

2018年1月13日(土)

マイクロソフトは1月10日(現地時間)、「PowerShell Core 6.0」の提供を開始した。

「PowerShell Core 6.0」は、コマンドラインインターフェースシェル・スクリプティング言語「Windows PowerShell」をクロスプラットフォームとしたもの。Windowsのほか、Mac OS X(10.12以降)やLinux、その他UNIXライクなOSに対応している。「PowerShell Core 6.0」は、「PowerShell Core」として初めての正式リリースとなっている。なお、「Windows PowerShell」は現行の「5.1」が最終バージョンとなり、Windowsにおいても「PowerShell Core」への移行がなされる。

「PowerShell Core 6.0」のソースコードとバイナリは、GitHubからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック