PR

Microsoft、「Visual Studio 2015 Update 3」「.NET Core 1.0」をリリース、LinuxやMac OS Xにおいても.NET Frameworkを利用した開発が可能に

2016年6月29日(水)

Microsoftは6月27日(現地時間)、「Visual Studio 2015 Update 3」と「.NET Core 1.0」をリリースした。

「Visual Studio 2015 Update 3」はTools for Apache Cordova Update 9&10を搭載しており、IntuneやAzure Engagementなどエンタープライズシナリオ用のプラグインなどをサポートしている。

「.NET Core 1.0」は、WindowsのほかLinuxやMac OS Xにおいて、.NET Frameworkを利用した開発ができるフレームワーク。「ASP.NET Core 1.0」、「Entity Framework Core 1.0」も併せて公開されている。従来ではWindowsにのみ対応していたが、本バージョンよりLinuxやMac OS XでもASP.NETアプリケーションなどが実行できるようになる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事(Visual Studio 2015 Update 3)
Blogによる記事(.NET Core 1.0)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る