PR

Microsoft、Windows 3.0に搭載されていた「Windows File Manager」をオープンソース化

2018年4月12日(木)

 Microsoftは、Windows 3.0に搭載されていたファイルマネージャ「Windows File Manager」をオープンソース化した。

 「Windows File Manager」は、1990年に発売された「Windows 3.0」に搭載されていたファイルマネージャ。MS-DOSのCUI代替を担い、Windows Explorerの前身と位置付けられている。

 今回オープンソース化された「Windows File Manager」は、「Windows 10」のほか、現在サポートされているWindowsのすべてのバージョンで動作する。ライセンスはMIT License。「Windows File Manager」はGitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック