PR

分散データベース「Apache Hbase 2.0」リリース

2018年5月9日(水)

Apache software Foundationは4月30日(現地時間)、「Apache Hbase 2.0」をリリースした。

「Apache HBase」は、Javaで実装されたオープンソースの分散データベース。Apache Software FoundationのHadoopプロジェクトにより開発されており、Hadoop Distributed File System(HDFS)の上で実行する。カラム指向、自動設定可能なテーブルシャディングなどが特徴。

「Apache HBase 2.0」では、非同期オペレーション向けに管理インターフェイスに変更が加わっているほか、障害への対応の改良、コンパクションの強化、バックアップとレストアの強化など、さまざまな強化が加わっている。また、「JDK 8」以上、「Hadoop 2.7.1」以降が必要であり、また後方互換性も一部で失われているので注意が必要。

Apache HBaseは、Webサイトから無償でダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Apache HBASE

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック