PR

キヤノンITS、「全銀協標準通信プロトコル」に対応した「EDI-Masterシリーズ」の新製品を販売開始、ISDNサービス提供終了に対応

2018年6月6日(水)

キヤノンITソリューションズは6月5日、「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」に対応した「EDI-Masterシリーズ」の新製品、「EDI-Master B2B for BANK TCP/IP-Client Ver.9」および「EDI-Master B2B TLS-Accelerator」を発売すると発表した。

NTT東日本とNTT西日本が発表した、公衆交換電話網のIP網移行(PSTNマイグレーション)による2024年のISDNサービス提供の終了にともない、電話回線を使った従来型の企業間電子商取引(EDI)を利用している企業は、インターネットEDIへの移行が必要となる。これを受け、社団法人全国銀行協会(全銀協)は、「全銀手順」や「全銀TCP/IP手順」などの電話回線を使った従来型に替わる通信手順として、インターネット対応の新たな通信手順「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」を2017年5月に制定した。

「EDI-Masterシリーズ」は、キヤノンITSが開発・販売を行うEDIソフトウェア製品群で、さまざま通信プロトコルやプラットフォームに対応している。キヤノンITSは、インターネット対応の新たな通信手順である「全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)」に対応した新製品として、「EDI-Master B2B for BANK TCP/IP-Client Ver.9」および「EDI-Master B2B TLS-Accelerator」を提供する。「EDI-Master B2B Gateway」「EDI-Master DEXシリーズ」「全銀TCP通信プログラム」との連携によって、インターネットEDIへのスムーズな移行を支援するという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック