PR

Intel、Coreプロセッサに存在する脆弱性「Lazy FP state restore」に関する情報を発表

2018年6月15日(金)

Intelは6月13日(現地時間)、Intel Coreプロセッサに存在する脆弱性「Lazy FP state restore」を発表した。

「Lazy FP state restore」を悪用すると、ローカルプロセスが別のプロセスのデータを推測することができてしまう危険があるという。この脆弱性は、悪用するのが難しいものの修正は必要で、「Red Hat Enterprise Linux 7」などではすでに対策が施され、特別な対応は必要ないという。また、「OpenBSD」や「DragonflyBSD」など、この脆弱性の影響を受けないOSもあるという。

また、この脆弱性は「Spectre/Meltdown」とは異なり、修正のためにマイクロコードを必要とせず、対策は容易だとされている。パッチなどが提供された場合、ユーザは早急に対応を施すことが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス(Intel)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック