PR

「Apache Struts 2」に重大な脆弱性、アップデートが強く推奨

2018年8月24日(金)

 Webアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 2」に重大な脆弱性が発表された。情報処理推進機構が8月23日に情報を公開した。

 今回発見された脆弱性は、悪用されるとシステムの乗っ取り、不正侵入などの恐れもある危険なもので重要度は「Critical」となっている。「Apache Struts 2」のユーザは一刻も早くパッチを適用する、アップデートを施すなどの施策が必要。

 「Apache Struts 2」は一般向けのWebサイトに使われていることから、攻撃者にとっては脆弱性のあるシステムを見つけやすく、悪用も簡単だとされている。対応の遅れは大きなリスクを背負うことになるため、管理者は迅速に対応する必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
脆弱性情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック