PR

Google、フォントラスタライズソフト向け脆弱性チェックツール「BrokenType」リリース

2018年9月7日(金)

 Googleは9月6日(現地時間)、フォントラスタライズソフトウェアの脆弱性をチェックするツール「BrokenType」をオープンソースとして公開した。

社内で利用されており、フォント関連のセキュリティバグの発見につながっているという。

 「BrokenType」は、アウトラインフォントを出力する時に行う「ラスタイズ処理」において、メモリ破損などの不具合が存在しないかをチェックするツール。Googleの社内では既に使用されており、いくつかの脆弱性を発見した実績がある。

 「BrokenType」はGitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック