PR

AWSが「AWS Lake Formation」を発表–データレイクを簡単に構築

2018年12月4日(火)

 Amazon Web Servicesは11月28日(現地時間)、データレイクのセットアップを数日で完了する製品「AWS Lake Formation」を発表した。

 データレイクは、ストレージの用意、S3バケットの設定、データのマイグレーションなど、数多くの作業が必要で、現状では相当な時間を要する。また、コストおよびパフォーマンスの最適化、セキュリティ、アクセスポリシーの準備など、クリアしなければならないことは多く、これまでデータレイクのセットアップには数ヶ月かかっていた。

「AWS Lake Formation」は、データレイクのセットアップについて、ダッシュボードの簡単な操作で全ての作業が行えるという。データの効率的な移動、メタデータタグの設定、見本となるセキュリティポリシーやアクセス制御のリストも備えている。

 また、同社は同時に安全なマルチアカウント環境「AWS Control Tower」のプレビュー版と、AWS環境のセキュリティを集中的に管理できる「AWS Security Hub」も発表した。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
AWS Lake Formation

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック