PR

Mac OS X向けパッケージマネジャー「Homebrew 2.0.0」リリース、Linuxを正式にサポート

2019年2月4日(月)

 Mac OS X向けパッケージマネジャーHomebrewの最新版「Homebrew 2.0.0」が2月2日(現地時間)リリースされた。

「Homebrew」は、アプリケーションやライブラリなどの管理をスムーズに行うパッケージマネジャー。コマンドによってアプリケーションのインストール・アップデートができる。

 「Homebrew 2.0.0」では、「1.9.0」で試験的サポートとなっていたLinuxへの対応が正式なものとなった。「Windows Subsystem for Linux(WSL)」で動作するLinuxで利用することによって、Windowsでも利用できる。なお、Linux上では「Homebrew」という名前でなく「Linuxbrew」という名前でパッケージ化されている。Linuxbrewはホームディレクトリ上にパッケージをインストールする仕組みとなっており、管理者権限(root権限)なしでも利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック