PR

「Cyrus IMAP 3.0.10」リリース、脆弱性の修正

2019年6月10日(月)

「Cyrus IMAP」にリモートコマンド実行の恐れがある脆弱性が発見された。

今回発見された脆弱性は、バッファオーバーランの恐れがあるというもの。悪用されるとリモートから任意のコマンドが実行される恐れがある。影響を受けるバージョンは「Cyrus IMAP 2.5.12/3.0.9」およびそれ以前のバージョン。

この脆弱性は「Cyrus IMAP 3.0.10」で修正されているため、ユーザはアップデートが強く推奨される。

「Cyrus IMAP 3.0.10」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Debian GNU/Linuxによるアナウンス
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

「Cyrus IMAP 3.0.10」リリース、脆弱性の修正 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。