PR

Intelの複数の製品に脆弱性、アップデートが提供される

2019年6月16日(日)

Intelは6月11日(現地時間)、同社の複数の製品に脆弱性が存在すると発表した。また、同時にアップデートを提供した。

アップデートが提供された製品は以下の通り。ユーザはアップデートの適用が強く推奨される。

〇Intel NUC Firmware(深刻度「HIGH」)
〇Intel RAID Web Console 3 for Windows(深刻度「HIGH」)
〇Intel Omni-Path Fabric Manager GUI(深刻度「MEDIUM」)
〇Open Cloud Integrity Technology and OpenAttestation(深刻度「MEDIUM」)
〇Partial Physical Address Leakage(深刻度「LOW」)
〇Intel Turbo Boost Max Technology 3.0(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel SGX for Linux(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel PROSet/Wireless WiFi Software(深刻度「MEDIUM」)
〇Intel Accelerated Storage Manager in Intel Rapid Storage Technology Enterprise(深刻度「HIGH」)
〇Intel Chipset Device Software (INF Update Utility)(深刻度「LOW」)
〇ITE Tech Consumer Infrared Driver for Windows 10(深刻度「MEDIUM」)

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNの情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック