PR

「GNU Patch」に複数の脆弱性

2019年7月29日(月)

「GNU Patch」に、複数の脆弱が発見された。影響があるのは「GNU Patch 2.7.6以前」。シンボリックリンク処理に問題があり、特定の入力ファイルでシンボリックリンクを誤って処理してしまう脆弱性(CVE-2019-13636)と、シェルコマンドインジェクションの危険(CVE-2019-13638)。いずれの脆弱性についても修正パッチが提供されており、ユーザはパッチの適用もしくはアップグレードが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
DebianのErrata
GNU Patch

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック