PR

Google、個人を特定できる情報を除いてデータを収集する「Differential Privacy」ライブラリをオープンソースとして公開

2019年9月8日(日)

 Googleは9月5日(現地時間)、個人を特定できる情報などを除いてデータを収集・分析するライブラリ「Differential Privacy」ライブラリをオープンソースとして公開した。

 「Differential Privacy」ライブラリは、個人を特定できる情報や機密情報を含んだデータセットを収集・処理するためのライブラリ。Googleは、主要な製品においてプライバシーを保護しながら情報分析を行うために同ライブラリを利用しているという。

 公開されたライブラリは、データサイエンスの運用のための「Count」「Sum」「Mean」「Variance」「Standard deviation」といったアルゴリズムが利用できる。また、PostgreSQL拡張なども搭載されており、同ライブラリをすぐに利用することも可能。

「Differential Privacy」ライブラリは、GitHubに公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック