PR

コードエディタ「Visual Studio Code 1.38」リリース

2019年9月11日(水)

Microsoftは9月4日(現地時間)、コードエディタ「Visual Studio Code 1.38」をリリースした。

「Visual Studio Code」は、Windows、Mac OS、Linuxで動作するオープンソースのコードエディタ。Gitによるソース管理機能をサポートしており、デバッグなどの機能も備えている。拡張機能も数多く用意されている。

「Visual Studio Code 1.38」では、設定エディタにおいて状態がitem.patternファイルの特定スキーマを満たしていない時に文字列リストにエラーを表示するようになったほか、WorkbenchやEditorにも強化が施されるなど、複数の強化および変更、安定性の向上が施されている。

「Visual Studio Code」は、Webサイトからダウンロードできる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック