PR

「Perl 6」が「Raku」に名称変更、今後のメジャーリリースでは後方互換のない変更も

2019年10月21日(月)

 perl6.orgは10月17日(現地時間)、プログラミング言語「Perl 6」の名称を「Raku」に変更すると発表した。

この変更は、GitHubのプルリクエストを受けたもの。Perlの創始者Larry Wall氏がこれを受け容れ、変更が決定した。現行の「Perl 6」は名称が「Raku」となる

 名称変更の理由としては、「Perl 6」が「Perl 5」と互換性がないことが挙げられている。なお、「Raku」は、「Perl 6」のコンパイラ「Rakudo」が由来となっている。また、今回の名称変更をきっかけとして、今後のメジャーリリースで後方互換性のない変更が加わる可能性があるとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック