PR

Symantec、Androidマルウェア「Xhelper」に関して注意喚起を発表、工場出荷時状態へのリセットでも消去不可

2019年11月4日(月)

Symantecは10月29日(現地時間)、Androidマルウェア「Xhelper」が45,000台を超えたとして注意喚起を発表した。

「Xhelper」は、感染するとアンインストールしても削除されないだけでなく、工場出荷時状態へのリセットを行っても消去されないという。現時点で感染時の有効な対処法は見つかっていないとされている。

「Xhelper」は不正に広告を表示するマルウェア。アプリケーションコンポーネントとして存在しており、ユーザインタフェースとしての表示はされない。「Xhelper」は発見当初から大幅にコードが複雑化しており、悪質性が増加している。今後もこの傾向は続くとみられており、Symantecは注意を呼び掛けている。

「Symantec」に感染しないようにするための対応法として、
〇ソフトウェアを最新の状態に保つ
〇信頼できるサイト以外のアプリはダウンロードしない
〇アプリが要求する許可に注意する
〇適切なモバイルセキュリティアプリをインストールする
などが挙げられている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック