PR

GitHub、オープンソースのソースコードが1000年単位で保存する取り組み「GitHub Archive Program」を発表

2019年11月16日(土)

GitHubは11月13日(現地時間)、オープンソースソフトウェアのソースコードを1000年単位で保存する取り組み「GitHub Archive Program」を発表した。

 今回発表された計画では、GitHubに公開されているリポジトリおよび重要な休眠リポジトリをコピーし、ノルウェーの企業Piqlがデータを耐久性の高い2次元フィルムに記録する。このフィルムを、ノルウェーのスヴァールヴァル諸島に存在する炭鉱跡(地下250m)に保存する。これにより、データは永久凍土の下に保存されることになる。

 今回の取り組みは、Internet ArchiveやMicrosoft Researchなどの協力の下で遂行される。1万年保存することを目標とし、石英ガラスにレーザーでデータを書き込むプロジェクトとも連携するとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub Archive Program

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック