PR

Oracle、仮想マシン「GraalVM 19.3」リリース

2019年11月28日(木)

 Oracleは11月21日(現地時間)、仮想マシン「GraalVM」の最新版「GraalVM 19.」をリリースした。このリリースは、実運用環境向けとしては初のリリースだという。

 「GraalVM」はJava、Scala、KotlinなどのJava VM系言語やJavaScript、Python、Ruby、R、C、C++などLLVMベースの言語といった多言語を実行するための仮想マシン。言語間で相互運用性がある共有ランタイムを提供し、スタンドアロンだけでなくOpenJDK、Node.js、Oracle Database、MySQLなどのOracle技術と併用できる。
 
 「GraalVM 19.3」ではJava 11をサポートした。JDK 8も引き続きサポートしている。この他にも機能の強化、安定性の向上など、さまざまな変更が加わっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス
GraalVM

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック