PR

OSブートシステム「systemd」に脆弱性、修正版が公開

2020年1月25日(土)

 Linuxなどで広く利用されているブートシステム「systemd」にメモリリークを引き起こす可能性のある脆弱性が発見された(CVE-2019-20386)。udevadmトリガーコマンドによって、メモリリークが発生する可能性があるという。

これらの脆弱性を修正したアップデートが各ベンダーからリリースされているため、ユーザはアップデートを適用することが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
CVE-2019-20386(DebianのErrata)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック