PR

Canonical、モバイルクラウドコンピューティング環境「Anbox Cloud」を発表

2020年1月27日(月)

Canonicalは1月22日(現地時間)、モバイルクラウドコンピューティング環境「Anbox Cloud」を発表した。

 「Anbox Cloud」は、AndroidをゲストOSとしたコンテナを利用し、クラウドゲーム、ソフトウェアのテスト、企業のワークスペースなどのコンピューティング環境を提供するサービス。コンテナ技術にはLXDが応用されている。「Anbox Cloud」を利用することによって、クラウド経由でアプリケーションを配信することができる。「Anbox Cloud」で配信されるアプリケーションはクラウド側で実行されるため、サービスを受ける端末で要求されるリソースは少なくて済む。

 Canonicalは、クラウドサービスを手がけるPacketと連携してサービスを開発・提供する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック