PR

Java仮想マシン上で動作するJavaベースのプログラミング言語「Apache Groovy 3.0.0」リリース

2020年2月15日(土)

Apache Groovy Projectは2月10日(現地時間)、Java仮想マシン上で動作する動的プログラミング言語「Apache Groovy 3.0.0」をリリースした。

「Apache Groovy」は、Javaプラットフォーム (Java仮想マシン、JVM) 上で動作する動的言語。オブジェクト指向型言語であり、Javaの言語仕様をベースとしているが、Javaよりも簡素化されている。また、スクリプト言語としても機能するなどの特徴がある。

最新版の「Apache Groovy 3.0.0」はメジャーリリースとなっており、新しいパーサー「Parrot」が採用されたほか、GDKが大幅に強化されるなどの機能強化が施されている。また、クラスに「古いパッケージ名の非推奨クラス」と「新しいパッケージ名の新しいクラス」の2つが加わるなどの変更も加わっている。

「Apache Groovy」は、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート(英語)

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る