PR

エクセルソフト、Java言語向けの統合開発環境の最新版をリリース

2014年11月12日(水)

エクセルソフトは11月7日、Javaアプリケーション開発者が簡単かつストレスなくアプリケーションを作成できるJavaプラットフォーム向けの統合開発環境(IDE)の最新版「IntelliJ IDEA 14」を日本国内で販売開始した。IntelliJ IDEA と総合的なツール群は、Java、Scala、Groovy、その他の言語によるWeb 開発、企業向けフレームワーク、最先端技術の統合を強力に支援する。

IntelliJ IDEAは、Javaアプリケーション開発者の生産性を向上できる IDE(統合開発環境)。インテリジェントなエディター、コードアナライザーおよび強力なリファクタリング機能により、さまざまなプログラム言語、フレームワーク、テクノロジーをサポートする。

多くのJava IDEが提供される中で、IntelliJ IDEAが数多くの Java 開発者から強力に支持されている要因には、充実したコード入力支援機能、定評あるリファクタリング機能がある。また、時間を要する使用環境の設定やプラグインの設定などは必要なく、インストールするだけの簡単な作業ですぐに使用できる。

IntelliJ IDEA 14の主な新機能は以下の通り

・ビルトイン デコンパイラ
Javaクラス用のビルトインデコンパイラが含まれる。サードパーティーのプラグインを使用することなく、ソースコードのないライブラリの中身を確認することが可能。

・改善されたデバッガー
機能強化されたデバッガーでは、エディター内で変数の値をその使用場所のすぐ隣に表示することが可能。また、選択したオブジェクトを参照するすべてのオブジェクトの確認、ラムダ式と匿名クラスの評価などが可能になった。

・インスペクションの向上
自動的に @NotNull、@Nullableおよび@Contractアノテーションを予想する新しいキーコード分析機能が追加された。

・新しいコードエディター
コードスタイル設定に応じて動作するバックスペースキー機能、コードスタイルの検出機能、エディター内でのプロトタイプ試作機能、スマートなコード補完、コピー&ペースト機能、デフォルトショートカット設定、ビルトインのHTML/RTFコピー機能など、エディターに数々の機能が追加された。

・フレームワークサポート
主要なオープンソースおよび商用アプリケーションサーバーの最新バージョンをサポートする。GlassFish 4.1、TomEE 1.7.1、WildFly 9.0.0およびtcServer 3.0.1 などが含まれる。また、HTML5モバイルアプリケーションを生成、起動、デプロイすることもできる。Adobe PhoneGap、Apache CordovaおよびIonicフレームワークなどもサポートされる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

エクセルソフト、Java言語向けの統合開発環境の最新版をリリース | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。