PR

Microsoft、「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)for Linux」のパブリックプレビューを開始

2020年2月26日(水)

Microsoftは2月20日(現地時間)、「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)for Linux」のパブリックプレビューを開始した。

 「Microsoft Defender ATP」は、Microsoftがエンタープライズ向けに提供しているエンドポイント保護プラットフォーム。かつては「Windows Defender ATP」という名称で呼ばれていた。システムスキャンやリアルタイム保護によってマルウェアを検出し、検知されたマルウェアを評価し、システムの修復まで行う。「Microsoft Defender ATP」は、既にWindows、Mac OS X版がリリースされているため、Linux版の登場によってクロスプラットフォームの保護が可能となった。

 今回発表されたプレビュー版は、Linux搭載PC向けのウイルス対策プログラムではなく、Linuxサーバやネットワークに対する脅威の抑止や検知、調査、対応を支援するためのエンタープライズ向けプラットフォームだとしている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)for Linux

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック