PR

LPI-Japan、Linux技術者認定「LinuC」の新バージョン「Version 10.0」を発表

2020年3月2日(月)

LPI-Japanは3月2日、LinuCレベル1とレベル2の出題範囲を全面的に見直し、受験対象層を拡大した新バージョンの「Version 10.0」をリリースすると発表した。

「Version 10.0」では、「1.現場で求められている技術要素に対応」「2.受験対象層をすべてのIT技術者に拡大」「3.全面的に見直した出題範囲」が図られている。

試験内容に関しては最新技術への入れ替えや出題構成を見直し、より今の現場に即した内容としたという。また、現場で必要とされるエンジニアの育成を可能とするオープンテクノロジーのキャリアマップを策定し、今回の改定されたLinuCレベル1とレベル2の基礎部分に反映させた。LinuCレベル3も順次改定していくという。

「Version 10.0」は、2020年3月2日より試験予約を開始し、2020年4月1日より日本を含む全世界にて受験可能。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック