PR

ソフトイーサ、新型コロナ対策のため同社のフレッツ向けPPPoE実験用アクセスポイントをテレワーク向けに無償開放

2020年3月6日(金)

ソフトイーサは3月6日、新型コロナウイルス感染防止を目的に在宅勤務をしている人を対象として、これまで学術実験目的で試験構築してきたNTT東日本フレッツ向けPPPoE方式のインターネットアクセスポイント (東京・茨城) を、同日より新型コロナウイルス対策が必要な当面の期間 、無償・無保証で開放すると発表した。テレワークで自宅のフレッツ回線を利用しているユーザのうち、テレワークの増加により普段利用しているISPのPPPoE通信の一時的な混雑などが原因で、業務上重要な通信が日中スムーズに行えないユーザに対して、本アクセスポイントの試用を呼び掛けている。

同PPPoEアクセスポイントはインターネット通信が利用可能となっており、業務上重要な通信プロトコル (シンクライアント通信、テレビ会議、メッセンジャーおよびメール送受信など) の速度 (帯域・遅延) をできるだけ高速化し、それ以外の不要不急の通信 (動画サイトの閲覧など) の優先順位を下げる特殊な処理を実験的に適用している。これにより、テレワークに必要な重要な通信が比較的スムーズに行える可能性があるという。

NTT東日本の「フレッツ光」ユーザ(東京都および茨城県エリアに限る) は、共通アカウントによってPPPoE 接続を行なうことにより、本アクセスポイントを経由して、インターネットに無償・無保証でアクセスできる。本PPPoE アカウントの利用には、事前のユーザー登録、申込みなどは不要。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック