PR

パッケージ管理システムの次期版「APT 2.0」のプレビュー版が公開

2020年3月12日(木)

Julian Andres Klode氏は3月7日(現地時間)、パッケージ管理システム「ATP」の次期バージョン「APT 2.0」のプレビュー版の公開を発表した。

「APT」は、UbuntuやDebianなどのLinuxディストリビューションに採用されているパッケージ管理システム。今回公開された「APT 2.0」プレビュー版の新機能や変更点は、

〇パッケージ名としてaptitudeスタイルのパターンが利用できるようになった
〇これに伴い、パッケージ名に正規表現およびワイルドカードが利用できなくなった
〇aptをttyに接続している間はdpkgロックを待つようになった
〇aptがロックできなかった時に現在ロックしているプロセスの名称とプロセス番号を出力するように変更
〇aptおよびapt-getにsatisfyサブコマンドを追加
〇MD5、SHA1、SHA2ハッシュ処理をlibgcryptを利用する方法に変更

となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック