PR

オープンソースソフトウェアのセキュリティ強化に取り組むLinux Foundationの組織「OpenSSF」が活動開始

2020年8月10日(月)

 Linux Foundationは8月3日(現地時間)、オープンソースソフトウェアのセキュリティ強化に取り組む組織「Open Source Security Foundation(OpenSSF)」の活動開始を発表した。

 「OpenSSF」は、2014年の「Heartbleed」問題をきっかけに結成されたLinux Foundationの「Core Infrastructure Initiative」およびGitHubの「Open Source Security Coalition」など、オープンソースソフトウェアの取り組みを集約する存在として活動する。同団体の立ち上げに当たりMicrosoft、GitHub、IBM、Red Hat、Google、JPMorgan Chase、NCC Group、OWASP Foundationが理事を務め、Intel、GitLab、VMWareなども同団体に参画する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Open Source Security Foundation(OpenSSF)
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る