PR

オープンソースソフトウェアのセキュリティ強化に取り組むLinux Foundationの組織「OpenSSF」が活動開始

2020年8月10日(月)

 Linux Foundationは8月3日(現地時間)、オープンソースソフトウェアのセキュリティ強化に取り組む組織「Open Source Security Foundation(OpenSSF)」の活動開始を発表した。

 「OpenSSF」は、2014年の「Heartbleed」問題をきっかけに結成されたLinux Foundationの「Core Infrastructure Initiative」およびGitHubの「Open Source Security Coalition」など、オープンソースソフトウェアの取り組みを集約する存在として活動する。同団体の立ち上げに当たりMicrosoft、GitHub、IBM、Red Hat、Google、JPMorgan Chase、NCC Group、OWASP Foundationが理事を務め、Intel、GitLab、VMWareなども同団体に参画する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Open Source Security Foundation(OpenSSF)
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック