PR

Facebook、Pythonのコード解析「Pysa」をオープンソースとして公開

2020年8月17日(月)

 Facebookは8月7日(現地時間)、Pythonのコード解析ツール「Pysa」をオープンソースとして公開した。

 「Pysa」は「Python Static Analyzer」の略。Pythonコードに存在するセキュリティホールを探すことができる。Facebookが同社のサービスに存在するセキュリティホールを探し出すために利用されていたツールで、データの流れを追跡し、クロスサイトスクリプティング、リモートからのコード実行、SQLインジェクションなどにつながるデータパターンを探し出す。

 「Pysa」は、セキュリティホールを探し出すのに利用する「定義」とセットで公開される。「Pysa」を利用すれば、Django、TornadoなどのPythonフレームワークを利用したプロジェクトのセキュリティホールを素早く発見できる。

 Pysaは、GitHubから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Pysa

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る