PR

Pythonデベロッパがサンタクララに集結!PyCon US レポート

2013年3月29日(金)
藤原 敬弘

こんにちは、Fuller, Inc.の藤原です。2013年3月にSanta Clalaで開催されたPyCon US 2013に参加して来ました。Pythonを利用するデベロッパーや企業、Pythonの主要なライブラリおよびPython本体のコアデベロッパーが数多く参加する大変刺激的なイベントでした。今回はそのイベントレポートをまとめていきます。

まずは、PyCon USに関して簡単に紹介を。PyCon USはPythonカンファレンスの中で最も規模の大きなイベントです。PyCon US 2013は2500人のPythonistaが参加しました。

> PyCon US 2013

チュートリアル、メイン・カンファレンス、ディベロップメント・スプリントの3部門に分かれており、全てに参加すると1週間以上続くカンファレンスになります。

今回、私はメイン・カンファレンスにのみ参加してきました。写真を交えながら、現地の状況をレポートします。

現地到着

今回のPyCon USはSanta Clala Convention Centerでの開催です。サンフランシスコにはいくつかの空港があるのですが、ここから最も近いSan Jose空港に降り立ちました。San Jose空港は本当に何もなく、待受ロビーに入るまでは、コンビニのようなショップが1店舗しかありません。外に出ても、田舎で周りに何もなく、タクシーにはメーターも付いていなかったりします。
> Avatar Hotel

Santa Clala Convention Centerから歩いて15分ほどのAvatar Hotelで宿をとりました。PyCon USではホテルのシェアを募集することができます。ちょうど私の日程と同じ Tavis Rudd さん(Using Python to Code by Voiceセッションの発表者)がホテルのシェアを募集していました。これに便乗し、Tavis さんにホテルの手配等を済ませてもらいました。3泊で約220ドルほどでした。ベットも2つあり、部屋の中も大変綺麗でした。朝の時間帯を見ていると、多くの参加者がここに宿を取っているようです。

参加登録

登録を済ませると、チケットが貰えます。このチケットに、ノベルティと交換する事が出来るチケットが付いています。その他に自分の名前とtwitterのID、会社名が付いたカードが付いています。これで知り合った参加者と連絡先が交換できる仕組みです。

PyCon US 2013の名札とパンフレットです。全体的に水色を貴重とした配色で、Python界隈ではあまり見ない色なので、とても新鮮です。

朝食

驚くことに朝食が出ます。1日目はイングリッシュブレックファーストでしたが、2日目はブレックファーストタコスのようなものが出て来ました。

オープニングステートメント

Opening Statements

オープニングセッションは座長のJesse Nollerから。今回のテーマであるChange The Futureに関することを中心に、PyCon USにコントリビュートしてくれている団体や、参加者への感謝を語っていました。テーマがChange The Futureであるためか、自然とRaspberry Piの話から子どもたちのプログラム学習の話や女性Pythonistaの団体であるPyLediesの話に流れて行きました。途中で沢山の笑いどころも用意されており、楽しく聴講することが出来ました。

参加者全員へのサプライズプレゼント!

オープニングセッションでサプライズなプレゼントもありました。Raspberry Piを参加者全員へプレゼント。

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事