PR

ARM、サーバ向けプロセッサブランド「Arm Neoverse」を発表

2018年10月21日(日)

ARMは10月16日(現地時間)、新しいサーバ向けプロセッサブランド「Arm Neoverse」を発表した。

「Arm Neoverse」は、クラウドやネットワークエッジなどを構成するサーバ向けのARMプロセッサブランド。ARMの、初めてのサーバ専用プロセッサブランドとなる。2021年までに7nm向け「Ares」、7nm+向け「Zeus」、5nm向け「Poseidon」の3つのプラットフォームを開発する予定。当初はクラウド用サーバおよびエッジサーバでの利用を想定する。

なお、従来と同様、「Arm」は基本設計に携わり、プロセッサなどを製造するのは別の半導体メーカーとなる。同社によると、複数のオープンソースプロジェクトやLinuxディストリビューションなどがNeoverseに対応する意向だという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック