PR

「OpenSSL」に暗号通信を解読可能な脆弱性が発見される

2020年9月13日(日)

 JVNは9月10日、オープンソースライブラリ「OpenSSL」に暗号通信を解読可能な脆弱性「CVE-2020-1968」が存在する発表した。

 「CVE-2020-1968」は、いわゆる「Raccoon Attack」と呼ばれる攻撃手法を受けてしまうというもの。中間者攻撃が可能な環境でDiffie-Hellman鍵交換を行う際に、プレマスターシークレットが解かれてしまい通信内容を解読される恐れがある。

 「CVE-2020-1968」が存在するのは「OpenSSL 1.0.2w」以前の「OpenSSL 1.0.2」系であり、「OpenSSL 1.1.1」はこの影響を受けないという。「OpenSSL 1.0.2」はサポートが打ち切られているため、「OpenSSL 1.1.1」へ移行するか、有償のサポートを利用する必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNVU#91973538

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック