PR

Microsoft、4月の月例アップデートで旧版Microsoft Egdeを削除する方針を発表

2021年2月11日(木)

Microsoftは2月5日(現地時間)、4月13日に予定している月例アップデートにおいて、旧版のMicrosoft Edgeを削除する方針を発表した。

Microsoft Edgeは、2020年1月(日本では2020年4月)にChromiumをベースとした新版が提供され、旧版は2021年3月9日以降にアップデートを打ち切るとしていた。旧版のMicrosoft Edgeの利用はすでに推奨されておらず、Chroniumベースの新しいEdgeへの移行が推奨されている。

2021年4月13日に予定されているアップデートをWindows 10に対して適用した時に旧版のEdgeがインストールされていると、旧版のEdgeがアンインストールされ、代わりにChroniumベースの新版Edgeがインストールされることになる。なお、すでに新版のChroniumuベースEdgeがインストールされている場合は、旧版のアンインストールのみが行われる。

一方、Windows7および8については、旧版Edgeの動作自体がサポートされていないため、この影響は受けない。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック